高津整体院 > 症状・身体の歪み > 動作の開始時に腰が痛い

動作の開始時に腰が痛い

寝ていて起き上がるとき、
椅子から立ち上がるとき、腰がズキン、
立位から歩き始めるとき、腰がピリッ、
など、体勢を変えるような、静止状態から動作の開始時に腰に痛みがでる場合、腰椎椎間関節や仙腸関節に関節機能障害があるかもしれません。
腰椎椎間関節や仙腸関節の可動性が無くなると、スムーズに重心の移動ができないため、腰の一部に大きな負荷がかかり痛みがでます。


立位から歩き始めるとき、
身体を前に倒すことで重心が前に移動し、自然に脚が前に出ます。
椅子から立ち上がるとき、
上体を前に傾け、重心を前に移動することで、勢いがつき、脚に体重がかかり立ち上がることができます。
これら一連の動きがスムーズに行われることで、動作が成り立ちます。
もし、腰椎椎間関節や仙腸関節のどこかに関節機能障害がある場合、その関節で動作が途切れてしまい、他の関節が動きを補って余計働く(補正作用)ことになります。


動いていると自然に身体全体でかばうため、痛みが出なくなります。
かばいきれなくなると、始動時だけでなく、動作中も痛みが出るようになります。

サイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.