高津整体院 > 症状・身体の歪み > 尾てい骨(尾骨)が痛い

尾てい骨(尾骨)が痛い

尾てい骨(尾骨)は、仙骨の下に付いている骨です。
仙骨と尾てい骨を混同されている方が多いので、図を載せておきます。

仙骨と尾骨(尾てい骨)


痛みの原因

骨折

『お尻をぶつけた』、『尻餅をついた』などの打撲後から痛い場合は、尾てい骨にヒビが入っている(骨折)可能性があります。
痛みのキッカケが打撲の場合は、整形外科で診て頂く必要があります。


靭帯の痛み

特に打撲したわけでもなく、体勢によって痛みが出る場合は、骨盤や腰椎の歪みが原因の可能性がありす。


尾てい骨は靭帯で固定されています。
靭帯は筋肉のように伸びたりしません。
無理に引っ張られると痛みが出ます。
伸びてしまうと捻挫になります。


骨盤が歪むと、座っているとだんだん痛くなってきたり、
座っていて体勢を変えるときに『アイタタタ・・・』と痛みが出たりします。


尾てい骨が後ろに出っ張っている

仙骨が寛骨(仙骨を挟む骨盤の左右の骨)に対して前に傾いていると、仙骨の下に付いている尾てい骨は後ろに出っ張ります。
腰椎や骨盤に柔軟性がないと、尾てい骨が、床や椅子の座面にグリグリと押し付けられ、当たりが強くなるため痛くなります。

通常は、仙骨が前傾すると寛骨も前傾し仙腸関節は締まります。つまり骨盤全体が前傾します。
これは仙骨のうなづき運動でニューテーションといって正常な動作です。
仙骨の後傾は、カウンターニューテーションといい、仙腸関節は緩みます。

何らかの原因により、
仙骨だけが前傾してしまった場合に、尾てい骨が後ろに出っ張る形になります。


原因として考えられるのは、
妊娠中は反り腰になり仙骨が前傾しますが、出産で骨盤が緩み、元に戻るのに仙骨だけ前傾したまま固まってしまった。

転倒した拍子にずれた。

普段、骨盤後傾のテンションがかかっている状態で、上体を前傾させるような姿勢をとっている。
例えば、座面の奥が低く傾いているイスに座っている。

などです。


骨盤全体の前傾が強い場合は、坐骨も後ろに出ているため、お尻全体の当たりが強くなることがあります。

尾てい骨が床や椅子に当たる痛み


大殿筋トリガーポイントの関連痛

大殿筋トリガーポイントの関連痛領域には尾てい骨が含まれ、尾骨痛と誤って診断されることがあります。
トリガーポイントの関連痛については、座るとお尻が痛くなってくる/トリガーポイントの関連痛をご覧ください。

サイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.