高津整体院 > 症状・身体の歪み > 恥骨まわりの痛み

恥骨痛・股関節痛・そけい部痛・陰部痛−恥骨まわりの痛み

痛む部位はどこですか?

恥骨・骨盤、痛みの部位


医療機関でハッキリとした原因が分からない場合、
・筋肉や靭帯が硬くなっている痛み
トリガーポイントの関連痛
・神経が圧迫や牽引などされ刺激されている痛み
仙腸関節の機能障害により動作時に組織に無理がかかることによる痛み
などが考えられます。


そけい部・股関節・恥骨の痛み

股関節を動かす筋肉が硬くなっていると、
・歩く、走る、イスから立ち上がるなどの動作時や、
・体操、ヨガ、ストレッチなどで膝を抱えるような動作の時、
脚の付け根の『そけい部』や『股関節』のあたりに『引っかかるような』『詰まるような』痛みが出ます。
また、筋肉トリガーポイント(筋肉の一部が縮んで硬くなり、押すと痛みがある)の関連痛の可能性があります。


陰部・会陰の痛み

陰部神経や陰部大腿神経が障害を受けると、
・座っていると徐々に痛くなってくる、
・座っていて立ち上がるとき痛む、
・常に痛い、
・常に出ている痛みが動作や姿勢で強くなったり弱くなったりする、
などの痛みが陰部や会陰に出ます。


恥骨結合の痛み

恥骨結合部が離開するようなテンションがかかると、
何かの動作時に恥骨結合部に痛みが出ます。


骨盤内臓器の痛み

膀胱、前立腺、卵巣、子宮など下腹部の痛みは、
医療機関の検査で異常が見つからない場合、
大内転筋トリガーポイントの関連痛の可能性があります。
※大内転筋は内腿の筋肉です。


そけい部・股関節・恥骨の痛み

恥骨痛関連、恥骨・坐骨の筋肉付着部位の図

恥骨や坐骨の前面には、たくさんの筋肉が付着しています。
これらの筋肉が硬くなって股関節を動かしたとき十分に『縮まない』と、詰まるような、引っかかるような、痛みがでることがあります。


また、
外腹斜筋、内腹斜筋、大内転筋、長内転筋のトリガーポイントの関連痛の可能性もあります。


恥骨・そけい部・股関節・脚の付け根の痛み


陰部・会陰の痛み

陰部神経の走行

骨盤が歪んだり筋肉が硬くなることで陰部神経が傷害されると、会陰や局部(性器)に痛みや違和感が出る可能性があります。
図には陰部大腿神経は出ていません。
陰部大腿神経は骨盤の前側から出て局部にいっています、腰椎の歪みや大腰筋の影響を受けます。


陰部神経痛|会陰部・局部の痛み


恥骨結合部の痛み

恥骨、骨盤、仙腸関節、恥骨結合、股関節、坐骨の図
※寛骨は、腸骨、坐骨、恥骨が融合したもの。15〜16才くらいまでに融合される。


↓歩行時の骨盤の動きをイメージしています

仙腸関節機能障害による恥骨痛例の図

 恥骨結合は、軟骨と靭帯からなっていて、ある程度の動きを許容します。また、恥骨には腹筋などが付着しています。

 恥骨結合に広がるような力が掛かったまま仙腸関節が動かなくなっていたり、腹筋などの張りが強くなったりすると、恥骨結合が引き伸ばされ痛みがでます。


出産後から恥骨が痛い人は『出産後の恥骨痛の原因』をご覧ください


筋肉トリガーポイントの関連痛

トリガーポイントとは?


大内転筋トリガーポイントの関連痛領域

そけい部、恥骨、股関節、骨盤内臓器が含まれます。

大内転筋トリガーポイントの関連痛領域

大内転筋のトリガーポイントは、
筋肉の酷使、長時間の短縮などによって引き起こされる場合があります。
スキー中、乗馬中や、長時間脚を組んで座る、横向きに寝る、など。
また、
内転筋の腱炎・骨膜炎、鼠径ヘルニア、前立腺炎、内臓疾患や女性生殖器疾患、閉鎖神経または陰部大腿神経の絞扼と誤って診断されることがあります。
(『筋骨格系の触診マニュアル第2版、株式会社ガイアブックス』より)


長内転筋トリガーポイントの関連痛領域

そけい部、股関節が含まれます。

長内転筋トリガーポイントの関連痛領域

長内転筋のトリガーポイントは、
そけい部痛のおもな原因となります。
筋肉の酷使、長時間の短縮などによって引き起こされる場合があります。
乗馬中や、長時間脚を組んで座る、横向きに寝る、など。
また、
内転筋の腱炎・骨膜炎、股関節の変形性関節症、鼠径ヘルニア、前立腺炎、閉鎖神経または陰部大腿神経の絞扼と誤って診断されることがあります。
(『筋骨格系の触診マニュアル第2版、株式会社ガイアブックス』より)


腸腰筋トリガーポイントの関連痛領域

そけい部、股関節が含まれます。

腸腰筋トリガーポイントの関連痛領域

腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)のトリガーポイントは、
過度のエクササイズ(クランチ、カールアップなど)、過度のランニング、過度のキック(サッカーなど)、長時間の筋肉の短縮(長時間座る、丸まった体勢で寝る、強い反り腰など)、脚長差、ズボンの後ろポケットに財布を入れて行動する、などによって引き起こされる場合があります。
また、
大腿神経、陰部大腿神経を圧迫する場合があります。
胸腔下部、腰部、仙腸関節の機能障害、または中錘炎と誤って診断されることがあります。
(『筋骨格系の触診マニュアル第2版、株式会社ガイアブックス』より)


腹斜筋トリガーポイントの関連痛領域

そけい部、股関節、恥骨が含まれます。

内腹斜筋および外腹斜筋トリガーポイントの関連痛領域

内腹斜筋および外腹斜筋のトリガーポイントは、
過度のエクササイズ(クランチ、カールアップなど)、慢性の咳、長時間捻る姿勢など筋肉の酷使、外傷、内臓疾患、情緒的ストレス、などによって引き起こされる場合があります。
また、
消化性潰瘍、裂孔ヘルニア、虫垂炎、小腸内感染症、尿管疾患、胆嚢炎、月経疼痛、女性生殖器疾患と誤って診断されることがあります。
(『筋骨格系の触診マニュアル第2版、株式会社ガイアブックス』より)

サイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.