高津整体院ホーム > 適応症・症例など > 陰部神経痛|会陰部・局部・鼡径部の痛み

陰部神経痛|会陰部・局部の痛み

会陰部(肛門まわり)や、陰部・局部(性器)の痛みは、陰部神経と陰部大腿神経が関係しています。
それらの神経が障害されると、該当部位に痛みや違和感がでます。

陰部神経と陰部大腿神経の走行

下図で、
陰部大腿神経は、
腰椎1番・2番あたりから出て、大腰筋を貫通し、そけい靭帯に沿って局部にいっています(青色)。
陰部神経は、
仙椎の2〜4番(S2〜S4)から出て、骨盤の後側、お尻の奥の筋肉(梨状筋、上双子筋、内閉鎖筋)の隙間を通り会陰や局部(性器)にいきます(赤色)。
会陰神経、下直腸神経、陰茎(陰核)背神経、後陰嚢(陰唇)神経などに枝分かれします。

陰部神経、陰部大腿神経、腸骨鼡径神経、陰部(男性の場合は陰嚢、女性の場合は大陰唇)


下図は『ネッター解剖学図譜』からの引用です。(前から見た図)
陰部大腿神経、ネッター


局部(前側)や恥骨上部、鼡径部の痛み違和感

このエリアの神経は、腸骨下腹神経、腸骨鼡径神経、陰部大腿神経です。


陰部・局部や会陰部の痛み違和感

このエリアの神経は、主に陰部神経です。


陰部神経の走行


神経が障害される部位

陰部大腿神経は、
・腰椎1番・2番から出ていますので、この部位の背骨の捻れ
・大腰筋を貫通していますので、大腰筋の緊張
・そけい靭帯に沿って走行していますので、この部位の組織の緊張
など。

実際には、腰椎の捻れと大腰筋の緊張がセットになっている場合が多いです。


陰部神経は、
お尻の奥の筋肉(梨状筋、上双子筋、内閉鎖筋)の隙間を通っていますので、これらの筋肉の緊張。
男性の場合、左右の坐骨の間が狭くなると、海綿体と坐骨により圧迫される可能性もあります。

仙骨が前に傾き過ぎると、梨状筋や靭帯が緊張し(梨状筋症候群)、その隙間を通っている神経の圧迫が強くなります。
陰部神経のほかに坐骨神経、後大腿皮神経などが通っていますので、大腿の裏やお尻などに痛み(坐骨神経痛)が出ることもあります。


下腹部の痛み

大腰筋の張りの程度によっては、下腹部の左右片方か両方に重い感じ鈍痛や「つれる」ような張る痛みがでます。

腰椎が後わんすると仙骨の傾きも変わります。仙骨の下部(尾底骨の付いている側)が中に入っていきますので、骨盤の下部が狭くなり、骨盤底が緩みます。その結果、膀胱・腸・子宮など骨盤の中にある臓器が、圧迫されたり、下にさがったりします。骨盤底の緩みは尿漏れの原因にもなります。


大腰筋の張り、下腹部の重い痛み、鈍痛



※整体やカイロで、病気があるかどうかは分かりません。
まず、病院(男性は泌尿器科、女性は泌尿器科または婦人科など)で検査を受けることをお勧めします。



骨盤の矯正


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.