高津整体院 > 症状・身体の歪み > 股関節が痛い

股関節が痛い

股関節の位置

股関節の位置は、そけい部の中央やや下あたりの奥になります。
股関節を動かす筋肉が硬くなると、動作時に痛みが出ることがあります。
また、神経に過剰な刺激が加わると、不意に股関節がカクッとなって力が抜けることもあります。

股関節の位置域


カクッとなって力が抜ける

身体には、筋肉・腱などに限界を超えるようなストレスがかかると力が抜ける仕組み(自原抑制)があります。
腱が過剰に引っ張られたりすると、その腱につながる筋肉の神経信号が弱くなります。
つまり、力が抜けます。


また、主働筋に力が入ると拮抗筋の力が抜けるような神経の回路があります。
例えば、自然に腕を曲げたり、伸ばしたりする動作のとき、
腕を曲げる筋肉(主働筋)に力が入ると、伸ばす筋肉(拮抗筋)の力が抜けるようになっています。
神経が何らかにより刺激されて過剰に神経信号が伝われば拮抗筋の力が必要以上に抜けてしまうことも考えられます。


股関節の痛みの原因
股関節を動かす筋肉が硬い

股関節を動かす筋肉が硬くなりると、
筋力バランスが崩れ、股関節の動きの中心がずれてスムーズに動かなくなるため、
歩く、走る、イスから立ち上がるなどの動作時に『引っかかり』や、
体操、ヨガ、ストレッチなどで膝を抱えるような動作の時、脚の付け根の前側に『詰まるような』『挟まるような』痛みが出ます。


骨盤の歪み

骨盤の歪みが原因の場合、腰やお尻に痛み、下肢にシビレなど他の症状も出ます。

骨盤の歪み矯正ビフォーアフター


トリガーポイントの関連痛

トリガーポイントとは、筋肉の一部が縮んで硬くなった筋硬結で、押すと痛みがあるポイントです。
股関節付近にトリガーポイント関連痛を引き起こす筋肉について、以下に記載します。

ここでご紹介する、トリガーポイントの情報は『筋骨格系の触診マニュアル第2版、株式会社ガイアブックス』を参考にしましたが、書籍によって関連痛の部位が多少違います。目安程度にお考えください。

各図で、赤く塗ったエリアがトリガーポイント関連痛領域です。


恥骨筋

恥骨筋トリガーポイントの関連痛領域
恥骨筋のトリガーポイントは、
鼡径部の深部に鈍痛を引き起こす傾向があります。
変形性股関節症と診断されることがあります。
また、変形性股関節症を引き起こす場合もあります。


大内転筋

大内転筋トリガーポイントの関連痛領域
大内転筋のトリガーポイントは、
鼡径ヘルニアと診断されることがあります。


長内転筋

長内転筋トリガーポイントの関連痛領域
長内転筋のトリガーポイントは、
鼡径部痛の主な原因となり、股関節の外転(開脚)を制限します。
変形性股関節症、鼡径ヘルニアと診断されることがあります。


股関節のエクササイズ

膝をかかえ胸に近づける動作をしたとき、
脚の付け根の前側に『詰まるような』『挟まるような』痛みが出る場合、
股関節の動きの中心が前にずれている可能性があります。
この場合のエクササイズです。


右股関節のエクササイズです。
足は常に床に付けたままです。
痛みが出る場合は中止してください。
1・仰向けに寝ます
2・右脚を内むきに捻ります
3・捻ったまま、膝を立てます
4・膝を横に倒します(膝を曲げたまま開脚)
5・そのまま膝を伸ばします(足先は外を向いたまま)
以上、1〜5を3〜5回くりかえします。

股関節のエクササイズ

脚の付け根の前側の痛みがとれても、大殿筋などお尻の筋肉が硬いと、また戻ってしまいます。
膝をかかえ胸に近づけるように、お尻の筋肉のストレッチも30秒行いましょう。


サイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.