高津整体院ホーム 症状別自分で出来る対処法 > 加齢臭(かれいしゅう)の原因と対策

加齢臭(かれいしゅう)の原因と対策

加齢臭(かれいしゅう)とは、
中高年特有の体臭のことで、資生堂研究所が、中高年特有の体臭の原因が不飽和アルデヒドのノネナールであることを発見し、資生堂により「加齢臭」と言う名称が付けられたそうです。


このページでは、
加齢臭の原因と、予防・改善のために、日常、簡単にできる対策をご紹介しています。

加齢臭


体臭の原因ノネナール

 体臭の原因であるノネナールとは、9-ヘキサデセン酸という脂肪酸が酸化し分解されたもので、脂腺から皮脂として皮膚に分泌され、青臭さと脂臭さを併せ持ちます。

 中高年になると発するようになるのは、40歳を過ぎたころから脂肪酸分泌量が増加するのと、年齢とともに抗酸化力が低下するためです。脂っこい食事などの食習慣も原因になります。

 加齢臭が、女性よりも男性のほうが強いのは、男性の方が皮脂の分泌量が多いということと、女性ホルモンには酸化を抑える効果があるため、脂肪酸が酸化しにくいということに関係があります。


加齢臭の予防と改善策

食事を見直す

脂っこい食事をは控えめにして、抗酸化作用のある食材を多く摂る。

 ※抗酸化作用のある成分
   ビタミンC・E カロテン類(緑黄色野菜・トマト・すいか、など)
   ポリフェノール類(赤ワイン・玄米・緑茶・大豆・しょうが・ココア・そば、など)
   イオウ化合物(にんにく・にら・ねぎ・大根・わさび、など)
   リグナン類(麦・ごま、など)


身体を清潔に保つ

朝晩のシャワーや入浴で、劣化した皮脂を洗い流す。

ただし過剰に洗うのはよくありません。皮脂自体は悪いものではなく、肌のコンディションを保つには必要なものです。
皮脂は、皮膚の柔らかさを保ち、皮膚からの過剰な水分の蒸発を防ぎ、肌を乾燥から守ります、ある種の細菌の繁殖を防止する働きもあります。

酸化した脂肪酸だけ洗い流せれば理想的ですが。


衣服をクリーニング

臭いの成分は衣服にも残るので、衣服をまめに洗濯する。下着は毎日取替える。


参考サイト 資生堂



関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.