高津整体院 > 腱鞘炎

腱鞘炎

「手首の外側(母指側)のスジが痛い」、「腱鞘炎と診断され、手の使いすぎと言われた」場合などで、なかなか治らないという方、
痛みのでる部位は、そっとしておいて、もっと肘よりの筋肉の部分を触ってみてください。
もし硬いようでしたら、ほぐしてください。
痛む部位を通っている腱が繋がっている筋肉をほぐすことで、
炎症を起こしている部位の緊張が緩み血流と体液の循環が良くなり炎症の終息を早めます。
また、痛みの原因が炎症ではなくて、筋肉トリガーポイントの関連痛の場合、
肘近くにトリガーポイントがある確立が高いため、やはり肘よりの筋肉をほぐすと効果が期待できます。
指を曲げ伸ばしする筋肉は前腕についています。指の腱鞘炎の場合も同じです。
逆に、手首をストレッチなどで伸ばしてしまうと組織の損傷が広がり腱鞘炎が悪化します。

腱鞘炎の治療・図

腱鞘、腱鞘炎とは

下図で、青く塗った部位が腱鞘です。
手のひら側にも同じように腱を腱鞘が覆っています。
手のひら側は指の腱も腱鞘で覆われています
この腱鞘が炎症を起こしているのが腱鞘炎です。

腱鞘炎、前腕の腱鞘の位置

痛いスジ(腱)の筋肉をほぐす

筋肉と骨のつなぎ目は腱と呼ばれ弾力はほとんどありません。筋肉に比べ血管が少ないため傷めると回復に時間がかかります。
時間はかかりますが、無理をしなければ時間の経過とともにだんだんと良くなるものです。
ただ、その傷めた腱の筋肉が硬くこり固まっている場合、いつまでも腱に牽引力がかかり張った状態のままです。腱の鞘である腱鞘にもストレスがかかったままになります。筋肉の部分をほぐしてあげると腱にかかる負荷が減り回復が早くなります。

やってみて楽になるようでしたら、しばらくの期間続けてください。好転反応みたいな痛みはありませんので、かえって痛くなるようでしたら中止してください。

筋肉トリガーポイントの関連痛

トリガーポイントとは、筋肉の一部が縮んで硬くなった筋硬結で、押すと痛みがあるポイントです。
手首まわりや親指まわりにトリガーポイント関連痛を引き起こす筋肉について、以下に記載します。
ここでご紹介する、トリガーポイントの情報は『筋骨格系の触診マニュアル第2版、株式会社ガイアブックス』を参考にしましたが、書籍によって関連痛の部位が多少違います。目安程度にお考えください。
各図で、
●がトリガーポイントの位置、
赤く塗ったエリアがトリガーポイント関連痛領域です。

腕橈骨筋トリガーポイントの関連痛領域

腕橈骨筋トリガーポイントの関連痛領域

腕橈骨筋のトリガーポイントは、
前腕を回内回外の中間の位置(手のひらが内、手の甲が外を向いた位置)にして物を持ち上げる、シャベルで土を掘る作業、フライパンを持って上下に振る、強すぎる握手など、腕橈骨筋を酷使することで引き起こされる場合があります。
また、
外側上顆炎、第5または第6頸神経の圧迫、狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)と診断されることがあります。

円回内筋トリガーポイントの関連痛領域

円回内筋トリガーポイントの関連痛領域

円回内筋のトリガーポイントは、
ドライバを使う、テニスのフォアハンド・ストロークを悪いフォームで打つなど、前腕を内側に捻る動作で円回内筋を酷使することで引き起こされる場合があります。
また、
外側上顆炎、胸郭出口症候群、手根管症候群、手関節機能障害と診断されることがあります。

回外筋トリガーポイントの関連痛領域

回外筋トリガーポイントの関連痛領域

回外筋のトリガーポイントは、
ドライバを使う、テニスのバックハンド・ストロークを悪いフォームで打つなど、前腕を外側に捻る動作で回外筋を酷使することで引き起こされる場合があります。
また、
外側上顆炎、第5または第6頸神経の圧迫、狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)と診断されることがあります。

Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.