高津整体院 > 症状・身体の歪み > 出産後の恥骨痛と骨盤ケア

出産後の恥骨痛と骨盤ケア

出産後や妊娠中からの恥骨痛は、恥骨結合の離開が考えられます。
妊娠から出産にかけて緩んだ骨盤は、出産後約6週間で元に戻ります。
この間のすごし方次第では骨盤が歪んだまま、固まってしまいます。

出産後、
『出産前にはいていたパンツがはけなくなった』という人は、
骨盤が広がったまま固まってしまっている可能性が高いです。

出産後の骨盤が歪んで恥骨結合離開となる説明


恥骨結合離開とは、
妊娠後期、分娩時に恥骨結合軟骨が弛緩する際、その程度が過度であったり、
あるいは恥骨結合軟骨が損傷を起こしている状態で、著明な自発痛や圧痛を示します。
歩行不能となる場合もあります。

恥骨結合離開


骨盤は妊娠により生理的に弛緩状態となりますが、弛緩の程度がはなはだしい場合や、巨大児の出産、狭骨盤の産婦に発症しやすいとされています。


診断は、医療機関でのレントゲン撮影(立って撮影と寝て撮影)によります。
通常のレントゲン撮影で恥骨結合の離開が認められない場合でも、立って片足を上げた状態でレントゲン撮影すると恥骨結合の離開・ズレが認められるハズです。


骨盤の歪みチェック

自分で骨盤の歪みをチェックする

立って片足を上げた時、骨盤が歪んでいると、右と左で上がり方が違ったり、バランスをとれません。
※歪みの有無のチェックです。
どう歪んでいるか?までは分りません。


骨盤のケア

骨盤ベルトで骨盤を締める

恥骨結合離開のときの骨盤ベルトを着ける位置の説明図

産後、約6週間くらいまでは、骨盤ベルトで骨盤を締めましょう。
骨盤ベルトは10センチくらいの幅の物が使いやすいです。
着ける位置は、骨盤というよりお尻に巻く感じです。
骨盤の上の方に着けると骨盤の下側が広がってしまい、返って恥骨結合が離開してしまいます。
また、キツメのズボンも要注意です。ウエストが締め付けられると、お尻が広がるか、恥骨結合が離開します。


産後、約6週間を経過している場合も、恥骨結合離開は骨盤ベルトで締めるのが基本です。


骨盤底筋を鍛えるエクササイズを行う


脚を広めに開いて立つ

立っていると、恥骨が痛くなったり、下半身・骨盤がだるくなるときの対処

立っていると、恥骨が痛くなったり、骨盤から太もものあたりがだるくなる場合は、脚を広めに開いて立つと骨盤が締まって楽になることがあります。
脚を開きすぎると、足首が痛くなることがありますので、試しながら楽になる角度を見つけましょう。


矯正

産後6週間くらいで緩んだ靭帯が硬くなり、元の骨盤の状態に戻るのに3〜4カ月くらいかかります。

矯正は、産後3〜6カ月後に受けるのが普通です。
出産時のキズの痛みがひいていれば早めに矯正した方が治りが早いです。

産後の骨盤矯正ビフォーアフター


気をつけること

座るとき
OK・・・椅子に深く座る。あぐら。正座。
NG・・・お尻が沈むソファ。横座り。ぺたんこ座り。
椅子やソファはケースバイケースです。椅子に深く座ると痛い場合はNGです。腰の反りが強い場合はお尻が沈むソファは一時的にはいいかもしれません。


触らない
恥骨の痛い部位は、炎症を起こしている可能性がありますので、痛みを確かめるように押してみたり、マッサージ、ストレッチ、体操など、痛みが出る動作はすべて悪化の原因となります。

サイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.