高津整体院 > 症状・身体の歪み > 頭痛の種類 > 頭部神経の神経痛(頭部神経痛)

頭部神経の神経痛(頭部神経痛)

顔面・側頭部・後頭部〜頭頂部に分布している三叉神経・後頭神経(大耳介神経・小後頭神経・大後頭神経の総称)が刺激され神経に沿ってビリッとした痛みが生じるものを、三叉神経痛・後頭神経痛あるいは大耳介神経痛・小後頭神経痛・大後頭神経痛などと呼びます。


三叉神経痛は顔面に、大耳介神経痛は耳の後ろに、小後頭神経痛は側頭部に、大後頭神経痛は後頭部から頭頂部にかけて痛みが出ます。


頭部神経痛の特徴

ビリッビリッと一瞬電気が走るような痛みを繰り返す。痛みの程度は様々で、チクチクとした痛みだったり、強い場合は、゛焼け火箸を突き刺されたよう゛な痛みの場合もあります。
皮膚の表面に近い部分の痛み。
異常を生じている神経が分布しているエリアだけ痛みがでる。


頭部神経痛の原因

三叉神経痛も後頭神経痛も原因はハッキリ解明されていません。
三叉神経痛は血管によって圧迫されているという説があり、後頭神経痛は脊椎から出たところで圧迫されるという説や、後頭部〜後頸部の筋肉で圧迫されるのではないかという説があります。


頭や首の歪みから

頭と首の付け根(環椎後頭関節)や頸椎の配列が歪み、頭部神経が圧迫されている可能性があります。
頭半棘筋トリガーポイントは、大後頭神経の絞扼を引き起こす傾向があります。


筋トリガーポイント関連痛

肩、首、後頭部のこりがひどい場合、筋トリガーポイントの関連痛の可能性があります。
僧帽筋、後頭下筋群、後頭筋のトリガーポイント関連痛は、頭部神経痛と診断されることがあります。
肩こりから頭痛


各図で、赤く塗ったエリアがトリガーポイント関連痛領域です。

僧帽筋

僧帽筋のトリガーポイント関連痛領域

僧帽筋トリガーポイントの関連痛領域

僧帽筋のトリガーポイントを引き起こす要因

筋肉の酷使
日常的に肩をすくめている、
頭を前に出した体勢、
重い荷物を手を伸ばした状態で持つ(肩で引き上げる状態)、
重い荷物を肩に掛ける
きついネクタイやシャツの着用、
ブラジャーの紐がきつい、
ストレスや緊張で肩に力が入っている、
など。


身体への影響

僧帽筋上部のトリガーポイントは、
首の側屈制限、同側回旋制限、
首の対側回旋時の痛み、
肩こり、
緊張性頭痛、

僧帽筋中部のトリガーポイントは、
僧帽筋中部の筋力低下、

僧帽筋下部のトリガーポイントは、
僧帽筋下部の筋力低下、

僧僧帽筋すべての部位のトリガーポイントが、
付着する脊椎の脊椎関節機能障害、

などを引き起こす傾向があります。


診断との関係

頸部椎間板症候群、顎関節症、頭部神経痛と診断されることがあります。


後頭下筋群

後頭下筋群のトリガーポイント関連痛領域

後頭下筋群=大後頭直筋、小後頭直筋、下頭斜筋、上頭斜筋で構成されます。 後頭下筋群のトリガーポイントの関連痛領域

後頭下筋群のトリガーポイントを引き起こす要因

筋肉の酷使、
長時間上を向く姿勢、
長時間顔を前に突き出した姿勢、
長時間右か左を向いたままの姿勢
冷気にさらす、
環椎後頭関節機能障害、
環軸関節機能障害、
外傷、
など。


身体への影響

頭痛、
首と頭のつなぎ目での屈曲制限、側屈制限、回旋制限、
環椎後頭関節機能障害、
環軸関節機能障害、
などを引き起こす傾向があります。


診断との関係

片頭痛、頭部神経痛と診断されることがあります。


後頭筋

後頭筋・前頭筋のトリガーポイント関連痛領域

後頭筋・前頭筋のトリガーポイントの関連痛領域

後頭筋・前頭筋のトリガーポイントを引き起こす要因

筋肉の酷使、
額に皺を寄せる癖、
外傷、
後頸筋群や胸鎖乳突筋のトリガーポイントによって引き起こされる、
など。


身体への影響

後頭、眼球後部の頭痛、
後頭部圧迫時の不快感、
眼痛、
額の頭痛、
眼窩上神経の絞扼、
などを引き起こす傾向があります。


診断との関係

片頭痛、頭部神経痛(大後頭神経痛)と診断されることがあります。


頭半棘筋

頭半棘筋のトリガーポイント関連痛領域

頭半棘筋トリガーポイントの関連痛領域

頭半棘筋のトリガーポイントを引き起こす要因

筋肉の酷使、
長時間顔を前に突き出した姿勢、
寝転がって肘をついて手で頭を支える姿勢、
きついネクタイやシャツの着用、
冷気にさらす、
頸神経障害、
頸椎関節炎、
外傷、
など。


身体への影響

首の屈曲制限、側屈制限、
頭痛、
大後頭神経の絞扼、
頸椎関節機能不全、
骨関節炎、
などを引き起こす傾向があります。


診断との関係

頸椎骨関節炎、片頭痛と診断されることがあります。



頭部神経痛の対処法(整体の視点から)

痛みが出る側の、首と頭のつなぎ目を軽く伸ばすように頭を下に向けると一時的に治まるかもしれません。
例えば、左の後頭部が痛い場合、アゴを引いて頭を右に傾けるような体勢になります。
神経圧迫を緩めるような体勢です。


または、上記の逆、
痛みが出る側の、首と頭のつなぎ目を縮めるように頭を後ろに倒すと一時的に治まるかもしれません。
例えば、左の後頭部が痛い場合、頭を左斜め後ろに傾けるような体勢になります。
神経を圧迫している筋肉を緩めるような体勢です。


頭部の神経

図は ネッター解剖学図譜より・図をクリックすると拡大します。

頭部の神経

サイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.