高津整体院 > 用語集 > トリガーポイントとは

トリガーポイント/トリガーポイント関連痛

トリガーポイントとは

トリガーポイントとは、筋肉の一部が縮んで硬くなった筋硬結で、押すと痛みがあるポイントです。
他の部位に痛みやシビレなどの症状(トリガーポイント関連痛)を引き起こします。

圧迫されなければ局所痛や関連痛を引き起こさない、潜在性のトリガーポイントと、
圧迫されなくても局所痛や関連痛を引き起す、活動性のトリガーポイントがあります。
筋肉、筋膜、骨膜、靭帯、皮膚などの軟部組織に発生します。

トリガーポイント発生の要因

長時間の筋収縮、
筋肉への物理的な刺激や損傷、
痛みを感じることによる筋肉の緊張、
筋肉の固定、
筋肉の長時間の短縮、
長時間のストレッチ、
などにより発生します。

トリガーポイントの解消法

トリガーポイントは虚血(血流が少ない)状態で、弛緩するためのエネルギー不足となっています。
トリガーポイント部分の血流を回復することで解消されます。

※カルシウムイオンの放出によって筋肉が収縮します。
カルシウムイオンは、カルシウムイオンポンプによって常に回収されています。
カルシウムイオンポンプを動かすエネルギーをつくるには酸素が必要です。
虚血状態ではカルシウムイオンポンプが働かず、カルシウムイオンが回収されないため、筋収縮したままとなります。
酸素は血流によって運ばれます。
つまり、血流が回復し、酸素が送られることで、カルシウムイオンポンプが働き、カルシウムイオンが回収され、筋収縮が解除され、トリガーポイントが解消されます。

一般的な治療法

トリガーポイント治療を行っている治療院により異なります。

阻血性圧迫、持続圧迫/トリガーポイント加圧リリース、ディープ・ストローキング・マッサージ、スプレー&ストレッチ、トリガーポイント注射(医師免許が必要)、ハリ治療、ストレッチ、など。

当院では

緩消法、マツエセラピーなどの手技療法により、トリガーポイントを含めた筋硬結全般について対応します。

自分で何とかしたい

ストレッチ
特別な訓練をしなくてもできそうですが、ストレッチ自体がトリガーポイント発生の要因になってしまうことがありますので、慎重に行う必要があります。
少し気持ちよい程度の力で、30秒キープすると良いです。
時間は短くても長くても良くありません。
また、クイックイッと微妙に刺激を入れたりするのは良くありません。

ストレッチは、健康な組織が伸長するだけで、縮んで硬くなった組織が、引っ張られることで緩むわけではありません。
引っ張られることで、硬くなった組織に少しずつ血流が入り、少しずつ筋硬結が解除されます。

ストレッチの逆
ストレッチは筋肉を伸ばしますが、逆に縮めることで筋肉が弛緩します。
ただし、縮めた時に脱力しないと逆効果になります。
時間は10秒程度を数セット。
筋肉を縮めることで血管が緩み血液が流れやすくなり、少しずつ筋硬結が解除されます。

Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.