高津整体院 > 施術対象の症状 > 外反母趾

外反母趾

外反母趾とは、足の親指が変形し、第ニ指の方へ曲がっている状態をいいます。
身体の中心から見て、親指が外側に反っている(外反)ために外反母趾と呼ばれています。

通常の外反母趾は、ハイヒールや幅の狭い、キッチリとした隙間の無い靴が原因で起こると言われています。
幅の狭い靴を履いていると、足裏の横アーチが凹だったものが扁平になり逆に凸になってしまいます。
すると、親指の付けの骨(第一中足骨)が回旋変位を起こし、親指が付け根のところから外反し外反母趾となります。
親指の付け根のあたりがめくれ上がるような状態です。
他に、親指の付け根の骨の奇形で出っ張って曲がったように見えるものや、リュウマチ、ヘバーデン結節などの病的なものがあります

通常、足の指だけ捻れて外反母趾になっていることはありません。
下肢の内旋や骨盤の前傾または前方変位などを伴います。
根本的に治す場合は、骨盤や下肢の捻れも改善する必要があります。

外反母趾、外反母趾の骨の捻れ方

外反母趾の痛み

歩行時や立位などで、足の親指の付け根や、その隣の骨との間が痛くなる

母趾の付け根が外反(変形)すると、母趾を曲げる筋肉の腱(スジ)や靭帯、骨と骨の間の組織などが無理に伸ばされて、炎症を起こしたり、種子骨という豆状の骨がずれ、痛みが出ます。

第一中足骨と足根骨の可動制限が原因の場合もあります。
体重は、親指の付け根・小指の付け根・踵(かかと)の足の3点にかかります。特に歩行時、踏み切る際に親指の付け根に体重がかかります。
親指の付け根の第一中足骨には、種子骨といって小豆のような骨が2個付いていて、この2個の種子骨で体重を支えます。
第一中足骨に可動制限があると、この2個の種子骨が地面にちゃんと当らないので痛いと思います。
この場合、矯正して可動性を回復し、2個の種子骨が地面にちゃんと当るようになると、外反していても痛みは出なくなります。


外反母趾、足の筋肉の影響


外反母趾の悪化する理由

足の親指の付け根の外側(凸の部位)が靴の内側に当たって痛い

外反の角度が大きくなると靴の中での当たりが強くなるので、こすれて赤く腫れたり、タコやマメなどができます。
外反の角度がさほど大きくない場合は、第一中足骨と足根骨の可動制限が原因の場合もあります。
関節に可動制限があると靴の中で当たりが強くなりますので、矯正して可動性が回復すると改善されます。

外反母趾は、日々の生活で緩やかに悪化していきます。
図にあるとおり、足趾の筋肉によって日々外反させられるからです。日々進行していますので早目に対処することが大事です。

早目の対処を

骨自体が変形してからでは治りません。
外反母趾の初期は、
第一中足骨と基節骨の関節の捻れです。
靭帯と筋肉が弱化したところと、硬くなったところがあります。
治すには、硬くなっている組織を揉みほぐし、骨格を整え、弱化した筋肉を強化します。
筋肉が強化されるまではテーピングをします。
骨盤や下肢の捻れも改善する必要があります。

外反母趾の原因になる、ハイヒールや幅の狭い靴などは履かないようにします。
外反が大きい状態では、第一中足骨と第二中足骨の間が広がり、軟部組織が増殖して隙間を埋めています。
そのため、単純に骨の歪みだけ戻せば治るというものではありません。相応の時間がかかります。変形の程度によっては治りません(手術が妥当と思います)。

『初期の外反母趾』には、キネシオテープや、外反母趾用のサポーター、エクササイズなども有効ですが、変形が進んだ外反母趾には効果ありません。
変形の程度によっては手術しかありませんが、手術をしても元通りになるわけではありません。
外反母趾でお悩みの方は、お早目に対処されることをお勧めします。

Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.