高津整体院ホーム 適応症・症例など頭痛の種類> 筋緊張性頭痛(緊張型頭痛)

筋緊張性頭痛(緊張型頭痛)

筋緊張性頭痛(緊張型頭痛)は、頭蓋筋の持続性収縮によって生ずる筋肉から発する頭痛で、年齢・性別・遺伝に関係なく、慢性頭痛の中では頻度が高いです。
痛みは一般的に鈍痛で、均一性の痛みを呈します。
血管性頭痛よりも通常痛みは軽いです。
痛みの部位は後頭部〜項部(うなじ)を中心に、頭部全体に広がることもあります。
頭痛の程度は個々にままちまちで経過とともに持続時間が延長して一日中痛みが続く場合もあります。
鈍痛に拍動性頭痛を伴う場合、混合性頭痛と呼ぶことがあります。


筋緊張性頭痛(緊張型頭痛)の特徴

均一性の痛み

圧迫感、絞扼感、頭重感など。
「鉢巻きをしているような」「帽子をかぶったような」「頭に何か乗っているような」スッキリしない感じ。
脈拍とは一致しない軽いズキズキ感を伴うこともあります。


後頭部から首筋にかけて

痛みは後頭部から首筋にかけての両側に出ます。
頭全体に及ぶこともあります。


頭痛の頻度は、月に数回〜毎日


痛みは、数十分〜一週間

痛みは、数十分〜一週間くらい、あるいは毎日持続します。
若干強くなったり弱くなったり変動はあるものの、スッキリとした日が無い。


めまいを起こすことがある

急に首を回したときなど、一瞬フワッとしためまいを起こすことがあります。


吐き気や嘔吐は伴わない

吐き気や嘔吐は伴わない。
痛みのため夜間目が覚めることはない。


筋緊張性頭痛の原因・誘因

緊張型頭痛の痛みは頭部周辺の筋肉の緊張・筋肉疲労によって起こるとされています。


筋肉疲労の原因は、筋肉が弱い・悪い姿勢などが考えられます。

頭部周辺の筋肉が緊張する原因は、頚椎のわん曲異常・悪い姿勢・精神的ストレスなどがあります。
頚椎のわん曲異常とは、正常な頚椎は首全体として反っている(前に凸)(生理的前彎)のに対し、棒みたいに真っ直ぐ(ストレートネック)だったり、反りが逆になっている場合をいいます。
この状態では、後頭部〜首の後部の筋肉は常に張っている状態です。


筋緊張性頭痛の対処法

下を向いている姿勢を避ける・・・首の筋肉疲労・頚椎のわん曲異常の原因になる。スマートフォンをよく使う人は注意。
枕の高さをチェック・・・枕が高いと、頸椎と後頸筋群が牽引され伸びるため負担がかかる。アゴを引くような格好になる高さの枕は頚椎のわん曲異常の原因にもなる。
骨格の歪みを改善する。
マッサージ・指圧・ストレッチなどで筋肉の緊張をほぐす。
お風呂で身体全体をよく温める・ストレスをためない。
など


頭や首の歪みから

以上は主な医学書に書かれていることです。
頭や首の歪みから筋緊張性頭痛と似たような症状がでることもあります。
骨格の歪みが原因の頭痛


頭痛の種類/関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.