高津整体院ホーム 適応症・症例など頭痛の種類> 片頭痛(偏頭痛)

片頭痛(偏頭痛)

片頭痛(偏頭痛)の痛みは、こめかみから目にかけてあるいは後頭部まで、頭の片側か両側が、脈打つようにズキンズキンと痛む拍動性の痛みです。
頭や首の血管がなんらかの理由で拡張し、痛みが発生します。
その血管が拡張する原因や痛みが発生するメカニズムについてはまだ解明されていません。
説としては「血管説(セロトニン説)」と「神経説」があります。
片頭痛(偏頭痛)の前駆症状(前ぶれ)として閃輝暗点・首すじの張り・生あくびなどが頭痛に先行して現われることがあります。
随伴症状として吐き気・嘔吐などを伴ないます。
遺伝する頭痛とされています。


片頭痛(偏頭痛)の特徴

拍動性の頭痛

片頭痛(偏頭痛)の痛みは頭部の血管から発する痛みです。
血管が拡張し押し広げられる(血管の組織が張る)ことが痛みとなります。
動脈は脈打つたびに拡張しますから、脈に一致してズキンズキンとした痛みになります。
血管の拡張があまりにも強い場合は拍動感を感じないこともあります。


血縁者に同じような頭痛をもった人がいる

遺伝する頭痛とされていますが、必ず発症するわけではありません。


若いうちに発症する

片頭痛(偏頭痛)のほとんどは30歳までに発症する。
日本人の場合発症する年齢は、10歳代が最も多く次いで20歳代・10歳未満の順で、この合計で80〜90%です。


頭痛の前に前駆症状(前ぶれ)がある

閃輝暗点や目のかすみなどの眼症状や、首すじの張り・生あくび・眠気・気力減退などの前駆症状が出る場合があります。
必ず出るわけではなく20%の人は前駆症状が出ません。
子供の場合は明確でない場合があります。


頭痛の出る日と出ない日がある

毎日頭痛が出るわけではなく時々発作的に現われます。
頭痛発作の頻度は個人差があり、少ない人で年1〜2回、多い人で週3〜4回、希にほぼ毎日頭痛が出る場合もあります。
年齢を経ると回数が増えるが痛みの程度は軽くなることが多いそうです。


随伴症状として吐き気・嘔吐

随伴症状として吐き気・嘔吐などを伴ないます。
嘔吐は40歳を過ぎると少なくなります。


片頭痛(偏頭痛)の原因

片頭痛(偏頭痛)の原因は、まだ完全に解明されていません。 説としては「血管説(セロトニン説)」と「神経説」があります。


「血管説(セロトニン説)」

なんらかの原因で、血液中の血小板から多量のセロトニンが放出されると、一時的に血管が収縮する。
この時、片頭痛の前駆症状(閃輝暗点など)を引き起こす。
その後、セロトニンが減少していくと、逆に血管の拡張が起こる。
収縮⇒拡張への反動により、血管は元の広さよりさらに拡張するため、痛みが生じる、という説。
心臓が鼓動するたびに血管の血圧が上下するため、脈と一致した痛みが起こるというもの。


「神経説」

なんらかの原因で、血管の収縮をコントロールしている神経が刺激されて、血管が拡張され頭痛が起こる、という説。


片頭痛(偏頭痛)の誘因など

寝すぎ
睡眠不足
ストレスから開放されたとき
強い光
風呂、サウナ
アルコール
ビタミンEの摂取(血管拡張作用がある)
など


片頭痛(偏頭痛)の対処法

日常(痛くない状態のとき)

自分の痛みを誘う誘因を避ける
規則正しい生活をして緊張とリラックスの差を少なくする
ビタミンEを摂取していたら止める


痛くなったら

暗い静かな部屋で安静にする
痛む部分を冷やす
痛む部分の血管を圧迫する
鎮痛薬(病院や市販の薬)
カフェイン(コーヒーやお茶)を摂る
など


頭や首の歪みから

以上は主な医学書に書かれていることです。
頭や首の歪みから片頭痛(偏頭痛)と似たような症状がでることもあります。
骨格の歪みが原因?の頭痛


頭痛の種類/関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.