高津整体院ホーム 適応症・症例など頭痛の種類> 群発頭痛

群発頭痛

群発頭痛の痛みは、いつも決まった片側の目の奥に起こる、眼をえぐられるような激痛です。
1〜2か月の群発期が2年に1回〜年2回くらい現れます。群発期には頭痛は一日一回〜数回出現し、一回の頭痛は1〜2時間続きます。
群発頭痛が発症する原因ははっきり分かっていませんが、片頭痛(偏頭痛)と同様に血管の拡張から起こる痛みとされています。
随伴症状として、頭痛側で、流涙・結膜充血・鼻閉・鼻汁分泌・発汗などを伴います。


群発頭痛の特徴

いったん頭痛が始まると1〜2ヵ月間の間(群発期)、連日のように現れる。
群発期には、頭痛は一日1回〜数回現れ、一回の頭痛は1〜2時間続く。
群発期は2〜3年に1回から年に2回くらい現れる。
群発頭痛は、いつも決まった片側に現れる。
痛みの強さは、頭をかかえてころげまわるほど激痛で、最も痛い頭痛といいます。
頭痛側で、結膜が充血したり、鼻がつまったり、顔に汗をかいたり、まぶたが腫れたりします。
男性に多い頭痛です(女性もあるが少数)


群発頭痛の原因

群発頭痛の原因は、まだ解明されていません。
痛みの元は、群発頭痛の発作中に側頭動脈の拡張が確認されていることから、片頭痛(偏頭痛)と同様に血管の拡張から起こる痛みとされています。


群発頭痛の誘因など

群発期中は、飲酒で頭痛が誘発されます。
ニトログリセリンのような血管を拡張する薬も群発頭痛を誘発します。


群発頭痛の対処法

群発期中はアルコールを避ける
頭痛が出そうになったら、窓を開け、深呼吸を繰り返す
痛むところを冷やす
鎮痛薬を飲む
酸素吸入が特効的・・・病院で酸素を吸わせてもらう
など


頭や首の歪みから

以上は主な医学書に書かれていることです。
頭や首の歪みから群発頭痛と似たような症状がでることもあります。
骨格の歪みが原因?の頭痛


頭痛の種類/関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.