高津整体院ホーム > 適応症・症例など > むくみ(水腫・浮腫)について

むくみ(水腫・浮腫)について

 動脈の毛細血管端では、体液は毛細血管を出て組織領域(間質領域)へと移動します(濾過)。静脈の毛細血管端では、体液は組織領域から毛細血管へと移動します(再吸収)。平均して約85%の体液が再吸収されます。残りの約15%は毛細リンパ管へ入りリンパ管から鎖骨下静脈へと運ばれ血液に戻ります。

 毎日約20リットルの体液が身体中の毛細血管から濾過(腎臓を除く)され、このうち約17リットルは再び毛細血管に再吸収され、約3リットルはリンパ管を経由して血液に戻ります。
 この濾過と再吸収が充分でないと、体液が組織に溜まりむくみます。

通常は、

 濾過量=再吸収量+リンパ管へ入る量

むくみがある身体は、過剰な濾過あるいは不十分な再吸収の状態です。

 濾過量>再吸収量+リンパ管へ入る量・・・組織細胞間に体液が溜まる

過剰な濾過を起こす状況

 ・毛細血管圧の増加

 ・毛細血管透過性の増加

不十分な再吸収が起こる状況

 ・血漿タンパク質濃度の減少による、血液の膠質浸透圧の低下


塩分を摂りすぎ

 むくみには、多くの場合、Na(ナトリウムイオン)が関係します。
Naが濃くなると、その分、水を貯えるため細胞間の体液が増えます。


 つまり、塩分を摂りすぎたり、ナトリウムを十分排出できなくなり、体内のNa濃度が高くなると、むくみます。
血液容量の増加、血圧の上昇にも関係します。


全身性浮腫と局所性浮腫

 全身性浮腫(全身のむくみ)の原因には、うっ血性心不全・肝硬変・ネフローゼ症候群・急性腎炎・腎不全・低タンパク血症・甲状腺機能低下・生理前・妊娠中毒症・消炎剤・薬の副作用・突発性(原因不明)などがあります。

 局所性浮腫(体の一部のむくみ)の原因には、リンパ管閉塞、静脈血栓症、アレルギー性、血管神経性浮腫、遺伝性血管神経性浮腫、炎症性などがあります。


むくみの改善には

 むくみの原因が何か特定するのが先決です。

骨格の歪みが原因の可能性のあるものは、全身性のむくみでは、自立神経の失調により、甲状腺機能が低下していたり腎臓の働きが弱っているなどで、特に疾患が無い場合に限ります。
局所性のむくみでは、体の歪みにより静脈・リンパの流れを阻害している可能性がある場合です。
たとえば、下半身のむくみでは、鼠径部(脚の付け根の前部)を静脈とリンパ管が通っていますので、骨盤の歪み方によっては、鼠径部で静脈とリンパ管が圧迫され、流れが悪くなっていたり、血管の圧が高まり濾過が過剰になっているなどが考えられる場合です。


 まず医療機関で疾患がないか検査をうけてください。骨格を矯正して改善されるケースはそう多くありません。


 生理前のむくみや夕方になると足がむくむなど、時間が限定されているようなむくみは、程度次第ですが心配ないと思います。


気をつける事

 ・塩分を摂りすぎない
 ・タンパク質を適量摂取(1日50〜70g)
  肉・魚では約20%がタンパク質です。
  肉(脂身を除き)250g≒タンパク質約50g
 ・運動不足解消(ウォーキング、筋トレe.t.c.)
 など


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.