高津整体院ホーム 人体各部の名称・機能・用語集 > 便ができるまで

便ができるまで

食べたものが、胃や小腸で分解・消化され、食後約5時間で大腸に到達します。
このページでは、大腸での糞便の形成を説明しています。

※下図は正面から見た図です。
下行結腸・S状結腸が身体の左側です。

便の形成

食物は、胃で分解消化され、小腸でさらに消化され、栄養素が吸収されます。
食後約5時間で大腸に到達します。大腸では水分の吸収と糞便が形成されます。
食後約18時間で糞便ができあがります。糞便はS状結腸、下行結腸にたまります。それが 直腸内に送り込まれると便意をもよおします。この流れが妨げられると便秘になります。

胃の通過時間は

胃での分解・消化時間は、食物の種類、量などに左右されます。

炭水化物・2〜3時間
たんぱく質・4〜5時間
脂肪・7〜8時間、 量が多いほど時間がかかり、少ないほど短時間、液体は固形物より速く通過します。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.