高津整体院ホーム適応症・症例など > 歩行困難|歩くとお尻や太ももが痛くなる

歩行困難|歩くとお尻や太ももが痛くなる

このページでは、
病院の検査では特に異常が無いのに、少し歩いただけで、お尻や太ももが痛くなって歩けなくなる。
という症状で、
当院で施術して症状が解消された方の、痛みの原因と考えられることについて書いています。


数10メートル歩いただけでお尻や太もも、ふくらはぎなど、下半身のどこかが痛くなってきて歩けなくなり、
少し休むと少し歩ける(間欠性跛行)という人(当院で施術した)は、
仙腸関節という骨盤の関節が動かなくなっていて、その関節の可動性を改善することで症状も解消しています。
当院で施術した方では、痛みのメカニズムは2パターンあります。


少し歩くとお尻の奥の方が痛くなる場合、

骨盤の仙骨という骨が前に傾いた状態(尾てい骨が後ろに出ているような状態)で動かなくなっている人が多いです、お尻の筋肉の疲労が原因だと思います。


仙骨が前に傾いたまま動かないと、お尻の奥の筋肉は常に伸ばされて張っている状態になります。
筋肉は伸びたり縮んだりすることで血流をサポートしますが(ポンプ作用)、常に張っている状態ではポンプ作用が働きません。
歩くとき張っている筋肉に力が入り酸素やエネルギーを消耗しますが、筋肉が伸びたままなので、酸素やエネルギーが供給されません。
少し休むと筋肉の力が抜けた分多少酸素やエネルギーが供給され、少し動けるということだと思います。


例えば、腕を前に伸ばしてそのままでいると、腕や肩が痛くなってきます、こういう種類の痛みが、慢性化してひどくなった状態です。


太ももやふくらはぎなど下肢が痛くなる場合、

ビーンと走るような痛みは神経痛の場合が多いです。
お尻の奥が痛くなるのと同じで仙腸関節の可動性を良くすることで症状は解消されています。


この場合は、仙腸関節が硬くなって、骨盤周りの筋肉が張ってきて、その筋肉の隙間を通っている神経が圧迫されて痛くなってくるということが考えられます。
とくに坐骨神経という神経はお尻の筋肉の隙間から出てきますので、お尻の筋肉の張り次第で太ももやふくらはぎなどに痛みやシビレがでます。


痛みが出ても少し休んで筋肉が緩めば神経圧迫も減りますので痛みが一時的に収まるわけです。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.