高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 用語集 > 線維(膠原線維・弾性繊維・細網繊維)

線維(膠原線維・弾性繊維・細網繊維)

線維は、基質を強め、結合組織を支持する。

線維には、膠原線維・弾性繊維・細網繊維の3つがある。

膠原線維

コラーゲンから構成され、引く力に対して非常に強い。
硬くないため組織に柔軟性をあたえる。
ほとんどの結合組織に存在し、互いに平行に並び束になって存在することが多い。
特に、骨、軟骨、腱、靭帯に多く存在する。


弾性繊維

エラスチンとフィブリリンから構成され、分岐・結合して組織内では編目を形成する。
弾性繊維は、強いが弛緩した状態の1.5倍まで引き伸ばすことができて、元の形に戻ることができる弾性をっている。
皮膚、血管壁、肺に多く存在する。


細網繊維

微細な束に配列したコラーゲンとその周りの糖タンパクから構成される。
疎性結合組織・脂肪組織・平滑筋組織を構成している細胞の周囲に網目構造を形成し保持と強度をあたえる。
脾臓やリンパ節のような軟らかい器官の多くでは骨組みを構成し器官を支える。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.