高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 用語集 > 帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹とは、水痘・帯状疱疹ウイルス(帯状ヘルペスウイルス)によって起こる末梢神経の感染症。


このウイルスは水痘(水ぼうそう)を生ずるが、水痘が治癒した後、脊髄神経節に潜伏する。
身体の免疫力が低下、あるいはウイルスの再侵入により活性化され、皮膚に分布する感覚ニューロン軸索(感覚神経)に沿って広がる。
その結果、帯状疱疹ウイルスに感染していた神経節から出る感覚神経の分布範囲に、痛み、皮膚の変色、帯状の疱疹が出現する。


経過

神経痛のような痛みが数日間先行し、その痛みの部位に浮腫性の紅班が帯状に並び、その上に水泡が群生する。
水泡は半米粒から小豆くらいの大きさがある。
発熱など風邪の症状を伴うこともある。


通常約3週間で治癒する。
痛みはこの間持続し疱疹の消退とともに軽快することが多いが、疱疹の消退後、数ヶ月〜数年続くこともある。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.