高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 用語集 > 虫歯(むしば/う蝕症)

虫歯(むしば/う蝕症)

虫歯とは、細菌が産生した酸によって、歯のエナメル質や象牙質が溶かされ失われていく疾患です。
細菌は糖に作用して酸を産生します。

食後、細菌が酸を産生する前に歯を磨くと虫歯予防になります。

治療しなければ、微生物が歯髄に進入して、炎症を起こし歯髄が死んで膿がたまります。


副鼻腔炎になることも

上顎の奥歯の歯根(歯の根)は上顎洞(4つある副鼻腔のひとつ)の底にあって、虫歯の細菌が上顎洞炎(副鼻腔炎)を起こすことがあります。
これを歯性上顎洞炎といい、悪臭が強いのが特徴です。

虫歯と上顎洞炎(副鼻腔炎)の関係


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.