高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 用語集 > 恥骨結合離開

恥骨結合離開

恥骨結合離開とは、
妊娠後期、分娩時に恥骨結合軟骨が弛緩する際、その程度が過度であったり、
あるいは恥骨結合軟骨が損傷を起こしている状態で、著明な自発痛や圧痛を示します。
歩行不能となる場合もあります。

恥骨結合離開


骨盤は妊娠により生理的に弛緩状態となりますが、弛緩の程度がはなはだしい場合や、巨大児の出産、狭骨盤の産婦に発症しやすいとされています。


診断は、医療機関でのレントゲン撮影(立って撮影と寝て撮影)によります。
通常のレントゲン撮影で恥骨結合の離開が認められない場合でも、立って片足を上げた状態でレントゲン撮影すると恥骨結合の離開・ズレが認められるハズです。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.