高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 用語集 > モーション・パルペーション(可動性検査/動的触診)

モーション・パルペーション(可動性検査/動的触診)

モーション・パルペーションは関節の異常を検出する方法で脊柱・四肢の関節を問わず用いることができる。


正確なカイロプラクティック治療を行うには、正確な診断が必要です。
検査法としては、X線を使った分析法と触診法があります。


日本ではX線を使った診断はほとんど行えないため、触診法が検査法の主流を占めています。
この触診法には、
スタティック・パルペーションと
モーション・パルペーションがあります。

スタティック・パルペーションは、

静止した状態で脊柱を触診し、脊柱のサブラクセーションを検出する方法です。
スタティック・パルペーションのみで脊柱サブラクセーションを検査することには限度があり、正確さに欠けることが多く、例えば、脊柱が左右にS字状に曲がっている場合、捻れているのは分かりますが、どの部位が原因なのかは分かりません。
また、先天的に骨の奇形がある場合、奇形の判断はできませんので、関節の歪みとして判断してしまいます。

モーション・パルペーションは、

関節の動きを検査します。
患者さんに身体を動かしてもらったり、施術者が骨を押したりして関節の動きを判断します。
骨の奇形があったとしても、関節の動きをみるので、動きがあれば正常、動きが無ければ矯正の対象と判断できます。


モーション・パルペーションは、関節の動きをみますが、『関節の遊び』があるか無いかで異常を判定します。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.