高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 用語集 > 自律神経

自律神経

自律神経は、
脳や脊髄から出て、内臓や血管、腺などの器官に分布し、
消化、吸収、循環、代謝など、
自分の意思とは無関係に、無意識的に各臓器の機能を調節しています。
植物神経と呼ばれることもあります。


二重支配

ひとつの器官に対し交感神経と副交感神経が分布し、相反する作用をします。
交感神経が強く働くとき、副交感神経は弱く、
副交感神経が強く働くとき、交感神経は弱くなります。
このバランスによって、身体の内部環境を調節しています。
バランスが崩れた状態を自律神経失調症と呼びます。
※多くの血管や汗腺、立毛筋は交感神経のみに支配されています。


交感神経

中枢は、脊髄の胸髄〜腰髄にあります。
エネルギーを発散し、活動する場合に強く働きます。


副交感神経

中枢は脳幹と脊髄の仙髄にあります。
エネルギーや栄養を取り込み、身体を回復させるように休養する場合に強く働きます。


交感神経と副交感神経の作用


自律神経の走行図

ネッター解剖学図譜より
クリックで拡大


自律神経の走行図
自律神経の作用


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.