高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 用語集 > 生理的わん曲/正常わん曲

生理的わん曲/正常わん曲

脊柱には正常な前後のわん曲(前後のカーブ)があります。
これを生理的わん曲(正常わん曲)といいます。

生理的わん曲は、
頚部わん曲
胸部わん曲
腰部わん曲
仙骨わん曲(仙尾わん曲)の4ヵ所があり、
頚部わん曲と腰部わん曲は前に凸で、
胸部わん曲と仙骨わん曲は後ろに凸です。

脊柱の図
イラスト アイリス・アイリスより


衝撃の吸収

わん曲することで、脊柱の強度と柔軟性が増し、直立姿勢ではバランスがとりやすくなり、歩行時の衝撃が吸収されます。

わん曲の完成

全部のわん曲は10歳くらいまでに完成します。


胎児のときはわん曲は1つで、脊柱全体が後ろに凸(背骨が丸まった状態)です。
胸部と仙骨の凸はこのままのこり、胸部わん曲と仙骨わん曲となります(一次わん曲)。


生後3ヵ月くらいで頭を真直ぐ保てるようになると、頚部わん曲ができ、
その後、立って歩けるようになると腰部わん曲ができます。


頚部わん曲と腰部わん曲は生後形成が始まるので、二次わん曲と呼ばれます。
二次わん曲は老化が進むと次第に失なわれていきます。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.