高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 用語集 > 滑液(関節液)

滑液(関節液)

滑液(関節液)は、関節腔の内面を形成する滑膜が分泌する液で、関節腔内の表面を被う。

滑液を構成するのは、ヒアルロン酸と血漿由来の細胞間液である。

関節の構造

滑液の機能

関節を潤して摩擦を減少させ運動を滑らにする。
関節腔内の軟骨細胞に栄養を供給し、軟骨細胞が出す老廃物を除去する。
滑液に含まれる貪食細胞が、関節内の細菌や自然に生じる摩滅・断裂によって生じた破片を除去する。

滑膜性の関節をしばらく動かさないでおくと、滑液の粘性が高くなる(ゲル状になる)。動きが増すにつれて滑液の粘性は低下する。
よって、運動の始めは関節がスムーズに動いていない状態なので、準備運動・ウォームアップすることはケガ防止には大事なこと。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.