高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 用語集 > 皮膚の色の変化と症状

皮膚の色の変化と症状

このページでは、
皮膚の色の変化と関係する症状などについて書いています。

チアノーゼ

皮膚、粘膜および爪床が、青紫色になることです。
血液が肺で十分な量の酸素を受取れないなど、血液中のヘモグロビンの酸素含有量が低下すると起こります。


黄疸

白目や皮膚が黄色くなります。
血中ビリルビンが過剰になることによって起こり、通常、肝疾患の存在を示しています。


発赤、紅斑

皮膚や粘膜が赤くなることです。
皮膚の創傷、熱、感染症、炎症、アレルギー反応などにより、毛細血管が一時的に拡張し充血することで起こります。
動脈性変化の時は鮮紅色、静脈性変化の時は蒼紅色、暗赤色を呈します。
限局性の皮膚の発赤を紅斑といいます。


ヘモクロマトーシス

皮膚はブロンズ色になります。
過剰な鉄吸収と、皮膚、肝臓、心臓、脳下垂体、睾丸、膵臓など、いろいろな組織に鉄が蓄積する鉄代謝異常による疾患です。
鉄の沈着が高度になると、肝硬変や糖尿病、心不全、性腺機能低下、などの組織障害を生じます。


レイノー現象

四肢末梢の発作的血流障害により、蒼白からチアノーゼ(青紫)、発赤という色調変化を示す現象をいいいます。


白皮症と白斑

白皮症(白児症、先天性メラニン欠乏症)とは、メラニンを産生できない先天的な異常です。
白皮症に罹患した人(アルビノ、白子)の毛髪、皮膚、眼では、メラニンが欠如しています。
皮膚、毛髪、眼の色素が減少か消失する眼皮膚型では、眼振、羞明、視力低下、日光照射に伴う紅斑をしめします。


白斑は皮膚のメラニン細胞が欠如することによる白色の班をいいます。
限局性で先天性と後天性に分かれます。
メラニン細胞の欠如は免疫系の異常で、抗体がメラニン細胞を攻撃してしまうと考えられています。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.