高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 脳神経の機能概要 > 第10脳神経/迷走神経の走行と機能

第10脳神経/迷走神経の走行と機能

迷走神経は混合神経(運動性と感覚性)です。

迷走神経の走行経路

迷走神経は延髄の核から起こり、頚静脈孔を通って頭蓋の外に出ます。頚部では、内頚静脈と総頚動脈の間でそれらの後方に位置します。

迷走神経は、頭頚部から胸郭、腹部にまで分布します。

迷走神経の機能

喉頭蓋と咽頭の味覚・触覚・痛覚・温度感覚、血圧のモニター、胸郭・腹部内臓からの感覚、嚥下、咳、発声、胃腸管の平滑筋の収縮と弛緩、心拍の緩徐化、消化液分泌などに関係します。


感覚神経支配
耳管と外耳後部の皮膚、喉頭蓋と咽頭にある少数の味蕾、頚と喉の筋の固有受容器、頚動脈洞と頚動脈近傍の頚動脈小体にある圧受容器(伸長受容器)と化学受容器、大動脈近傍の大動脈小体の化学受容器、咽頭・喉頭・気管支・肺・心臓・食道・胃・大腸・小腸・胆管系など胸腔と腹腔にあるほとんどの器官の内臓感覚受容器からのインパスを運ぶ。


運動神経支配
喉頭・咽頭・口蓋の嚥下、咳、発声に関係する筋


副交感神経支配
胃腸管の腺、呼吸路、食道、胃、胆嚢、小腸と大腸の大部分の平滑筋を神経支配する


機能障害で生じる問題

無声症又は発声困難
嚥下困難
鼻を通る液の逆流
咽頭及び喉頭痙縮
食道痙縮
噴門筋痙攣
幽門痙攣
軟口蓋の麻痺
咽頭、喉頭、外耳道の疼痛、知覚異常、無感覚症

呼吸障害
唾液分泌障害
心臓の不整脈
胃の機能障害
腸の機能障害


他の脳神経/関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.