高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 脳神経の機能概要 > 第5脳神経/三叉神経の走行と機能

第5脳神経/三叉神経の走行と機能

三叉神経は混合神経(運動性と感覚性)です。

橋から太い知覚根と細い運動根が出ます。知覚根には三叉神経節と呼ばれる膨らみがあり側頭骨錐体部のスロープ上に位置します。

三叉神経には、眼神経、上顎神経、下顎神経の3本の枝があります。


三叉神経の走行経路

眼神経は海綿静脈洞内を通り上眼窩裂から眼窩に入ります。
上顎神経は海綿静脈洞内を通り蝶形骨の正円孔を通って頭蓋を出ます。
下顎神経は運動根と連結し蝶形骨の卵円孔を通ります。

第5脳神経、三叉神経の走行


三叉神経の機能

主に顔面の触覚・痛覚・温度感覚を伝え、咀嚼(物を咬む運動)を制御します。


眼神経

感覚神経支配
上眼瞼を覆う皮膚、眼球、涙腺、鼻腔の上部、鼻の側面、額、頭皮の前半


上顎神経

感覚神経支配
鼻粘膜、口蓋、咽頭の一部、上顎の歯、上唇、下眼瞼


下顎神経

感覚神経支配
舌の前方3分の2(味覚ではない)、頬と頬の深部の粘膜、下顎の歯、下顎と耳より前方の頭部の側面を覆う皮膚、口底の粘膜、運動神経支配している筋の固有感覚

運動神経支配
咀嚼筋(咬筋・側頭筋・内側翼突筋・外側翼突筋・顎二腹筋前腹・顎舌骨筋)、口蓋帆張筋、鼓膜張筋


他の脳神経/関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.