高津整体院ホームカイロプラクティック/頭蓋骨矯正 > 頭蓋骨・顔面の歪みの原因について

頭蓋骨・顔面の歪みの原因について

頭蓋骨が歪むなんて信じられないという人もいらっしゃるかと思いますが、時間をかけて少しずつ歪むことがあります。


右の頬骨、こんなに出てたっけ?
あれ、右目だけとび出てる?
頭の形こんなに左右で違ったっけ?
むかしからこうだったっけ?
といったぐあいに、
ある日突然気が付きます。


ここでは、頭蓋骨が歪む主な原因を書いています。


頭蓋骨が歪む?

頭蓋骨は、22個(舌骨を入れると23個)の骨が複雑に組み合わさってできています。
下顎は顎関節という可動関節で側頭骨に連結していますが、下顎を除く21個の骨はそれぞれ縫合という不動関節で組み合わさっています。
縫合の形を見ると、とても歪むようには思えませんが、生きている間は多少の柔軟性があります(『頭蓋領域のオステオパシー』より)。
そのため、頭に偏った力がかかると縫合の合わさり目の角度が変わって頭蓋骨全体が歪んできます。
骨折や発育段階で骨自体が変形してしまうということもあります。


頭蓋骨の分解模型・ソムソ社・実物標本から形取った成形模型


頭・顔の歪みの原因・歪む行為

噛合せが悪い

歯列矯正や歯の治療で冠やブリッジなどを入れた際、歯の噛み合わせが違ってしまうと、噛み締めたときの力で片側の上顎が押され頭全体が少しずつ歪んでくる可能性があります。
(顎には咀嚼時で30s、噛み締めると60sくらいの力がかかります)


悪い習慣や打撲など

うつ伏せに寝て顔を横向きに押し当てる
片手で頬杖をつく
片側で噛むクセ
顔や頭の打撲
などを繰り返していると、頭の上下前後の長さが左右非対称になってきます。


背骨の歪み

特に、首と頭の付け根である環椎後頭関節という関節に歪みがあると、後頭骨が傾いた状態になり、頭の重みで頭蓋骨全体が歪みます。


首や肩・背中の筋肉の張り

頭蓋骨の横と後ろには首や肩・背中からの筋肉が付着しています。
これら筋肉が張っていると頭蓋骨が引っ張られます。
例えば、側頭骨・後頭骨には、胸鎖乳突筋・僧帽筋といった強力な筋肉が付着しています。
これらの筋肉が張っていると、側頭骨・後頭骨は常に引っ張られている状態になります。
肩掛けカバンをいつも同じ側の肩にかける、片手で重いものを持つ、などは歪みの原因になります。


骨自体が変形している

骨折や発育段階で骨自体が変形してしまっていることもあります。
この場合、部分的に変形しているような印象になるかと思います。
例えば、目や耳の高さは同じなのに、右の後頭部だけ出っ張っている、といった具合にです。

骨自体が変形している場合、矯正して改善する見込みは低いです。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.