高津整体院ホーム 適応症・症例など > 顎関節の動き

顎関節の動き

このページでは、
口を開けたり閉じたりするときの、顎関節の動きを説明しています。


口を開けるとき

口の開け始めの時点(口を少し開けた状態)では、側頭骨・下顎窩のくぼみの中で下顎骨・下顎頭は回転します。

さらに口を開けようとすると、下顎頭は下顎窩から出て前に滑り出します。
口を大きく開けると下顎頭は関節結節の位置まで移動します。

バランスが良ければ、左右一緒に動きます。


TMJ症候・顎関節症/顎関節の動き

※関節円板は常に下顎頭と一緒に移動します。


口を閉じるとき

下顎頭は後ろに移動し、下顎窩のくぼみに収まります。


食べ物を咀嚼するとき

下顎を左に動かすときは右の下顎頭が前にすべり、右に動かすときには左の下顎頭が前にすべります。
この連続で食べ物を噛む動きができます。


口を開けるときの頭・首・下顎の動き

口を開けるとき、下顎(下あご)と上顎(上あご)が上下に開きます。
とくに大きなあくびをするときなど頭はかなり後ろにのけぞります。

顎関節では関節円板の上と下で別の動きをします。
関節円板の上では、関節円板が、側頭骨・下顎窩から側頭骨・関節結節までを前方にすべるように動きます。
関節円板の下では、関節円板と下顎が蝶番のように動きます。
総合的に顎関節では、下顎が側頭骨に対し前方にすべりながら開きます。


顎関節症/顎関節と首の動き・口の開閉

(上図中央)頚椎および後頭骨に可動制限がある場合、頭が後ろにのけぞることができず口を大きく開くことができなくなります。

(上図右)顎関節で関節円板が前方にすべる動きが制限されている場合、顎関節での動きが蝶番のみの動きになるため、口を大きく開くことができなくなります。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.