高津整体院ホーム 適応症・症例など > 顎関節症(TMJ症候)

顎関節症(TMJ症候)

このページでは、
顎関節症といわれる主な症状や、
これまでの施術経験から考えられる原因を書いています。


顎関節症とは、
顎(アゴ)が痛い、口を開けづらい、口を開けるときミシッや、ポキッと鳴る、
など、
顎関節の周囲に起こる慢性的な疾患の総称で、他の疾患(外傷や、関節リウマチなど)がない場合を「顎関節症」といいます。


顎関節症といわれる主な症状

顎関節痛 顎(あご)周辺の痛み

発声、あくび、食事での咀嚼(物を噛む)など、口を開けたり噛み締めたりするとき、顎の付け根や耳の穴のすこし前あたり、顎関節周辺に痛みが出る。


開口障害 口が開きづらい

口を大きく開けられない、または途中までしか開けられない、口の開閉がスムーズでない、顎関節が突っ張った感じがする、斜めに開く。


顎関節雑音 口を開けるとき音がする

発声、あくび、咀嚼など、口を開けたり閉じたりするとき、「ゴリ」「コリッ」「ポキ」「ミシッ」「カク」など顎の付け根あたり(顎関節)が鳴る。


顎のずれ

顎の付け根がずれて、片側だけ横に出っ張ってるような状態、不正咬合。顔が左右非対称になる。


上記の症状に伴い、耳周辺の違和感、耳鳴り、耳の痛み、耳閉感、難聴、めまい、眼精疲労といった眼や耳の症状、頭痛首・肩のこり手足のしびれ、鼻やのどの違和感、顔、頭、首への関連痛などの症状を呈する場合もある。


顎関節症の原因として考えられること

側頭骨が捻れ、顎関節の位置が左右非対称(捻れ)になってる。(下顎は側頭骨に付いています)


上顎が捻れ、下顎とのかみ合わせが悪くなり顎関節に無理がかかる。


頚椎および後頭骨の可動制限。
上を向きづらいなどの頚椎の可動制限(関節機能障害)があると下顎の可動域が狭くなり口を大きく開けられない。


顎関節の先天的な異常。
側頭骨の関節結節の角度が急な場合など、口を大きく開けたとき、元に戻らなくなる。口を閉じれない。


臼歯(奥歯)の高さの喪失。
歯が抜けたり、歯が磨耗し高さか低くなった時、歯を食いしばると顎関節が圧縮される。


慢性的な不正咬合や、奥歯の治療をしたときに歯の高さが変わってしまったなど、歯のかみ合わせが悪いと、強く噛むごとに顎関節に無理がかかる。


外傷によって顎関節にダメージをうけて、スムーズに動かなくなっている。


過去に顎がはずれた経験から、口を大きく開けないようにしていたため、顎関節の可動域が狭くなった。


個人的なクセ。
頬杖、うつ伏せでアゴで頭を支えるような格好、歯軋り、歯を食いしばるクセ、片側で咀嚼するクセなどによって顎関節が酷使されている。


顎関節の関節間円盤のずれ・損傷。


咀嚼筋スパズム(痙攣)。過労、外傷、炎症などにより咀嚼筋が硬く縮んでしまっている。特に咬筋。


顎関節の炎症。関節包、靭帯などが炎症をおこしている。


三叉神経痛


奥歯の痛み 歯の神経痛。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.