高津整体院ホーム 人体各部位の名称・用語集 > 神経が損傷した場合の信号の伝達

神経が損傷した場合の信号の伝達

 神経が損傷した場合の軸索での信号(活動電位・インパルス)の伝わり方を説明します。

神経が損傷するとインパルスが発生します

 神経の細胞膜が損傷したり、Na(ナトリウムイオン)チャネルが何らかの原因で開いたりして、どんな形でも、Naが流入するとインパルスが発生します。

神経が傷ついたときの信号伝達


 遠心性(運動)神経の場合、流入するNaの程度にもよりますが、筋肉が痙攣したり、思ったほど力が入らなかったりすると思います。


 

 求心性(知覚)神経の場合、痛みや何かしらの違和感を感じると思います。


 筋紡錘腱器官からのフィードバックを伝える神経の場合、筋肉や腱からのフィードバックが不正確になりますので、力が抜けたり入らなかったり、逆に力が抜けなかったり、不意に意思とは関係なく動いたり、程度によっては痛みとして感じたりするかもしれません。


 Naの流入が遮られると、インパルスは伝わりませんので、神経が麻痺した状態になります。局部麻酔薬はNaチャネルを開かなくすることでインパルスを遮断(ブロック)します。フグ毒のテトラドトキシン(tetrodotoxin)もNaチャネルに入り込みチャネルを開かなくしてしまうそうです。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.