高津整体院ホーム > 適応症・症例など > 坐骨神経痛・下肢痛

坐骨神経痛・下肢痛

坐骨神経痛とは、
坐骨神経に沿って腰から臀部、大腿後面、下腿、足にでる痛みをいいます。

一般的にいわれる原因には、
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄、梨状筋症候群などがありますが、
骨盤や背骨の歪みが原因のものもあります。

坐骨神経の走行図


原因と治療法

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアにより神経が圧迫され坐骨神経の一部に痛みが発生します。
MRIや造影剤を使用してのレントゲンにより診断されます。

椎間板ヘルニアの多くは、時間の経過とともに縮小し、数か月から数年で消失します。

治療法は、手術で取り除くか、経過観察ということになると思います。
ヘルニアの位置と痛みの部位が一致しない場合は、ヘルニアが原因ではないと思います。


腰部脊柱管狭窄

脊柱管が腰のあたりで狭くなり脊髄神経が圧迫された状態のことです。
老化などが原因で狭くなるといわれています。
レントゲンにより診断さります。

治療法は、手術しかありませんが、他に原因がないかよく見極めてから考えたほうがいいかと思います。


梨状筋症候群

梨状筋の下で坐骨神経が絞扼され、坐骨神経に沿った痛みが発生する病態をいいます。

マッサージやお風呂で温めるなどすると、一時的に楽になることがあります。
根本的には、仙腸関節を矯正して梨状筋の緊張をとる必要があります。

Kボンネットテスト陽性だと梨状筋症候群の可能性があります。
Kボンネットテスト
1、仰臥位になり、痛い側の膝を立てます。
2、痛い側の足を痛くない側の脚の外側に置きます(脚をクロスさせる)。
3、痛い側の膝を股関節から内側に倒しお尻の筋を伸ばします。
4、このとき坐骨神経に沿った痛みが発生した場合、陽性となります。

Kボンネットテスト


骨盤や背骨の歪みから

骨盤や背骨など骨格の歪みが原因で坐骨神経に痛みがでることもあります。
背骨が捻れ、腰椎4番と5番の椎間孔が狭くなり神経を圧迫しているケースと、
骨盤が歪み梨状筋が緊張することによるケース(梨状筋症候群)があります。

該当部位を矯正することで、神経圧迫が取れ根本的に痛みが消失します。

腰椎5番、椎間孔での神経圧迫



その他

腰椎の腫瘍、変形、カリエス、神経炎、神経の栄養障害、ウイルス感染や糖尿病などから起こることもあります。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.