高津整体院ホーム 症状別自分で出来る対処法 > 骨盤の運動になる歩き方、正しい歩き方-ウォーキング

骨盤の運動になる歩き方、正しい歩き方-ウォーキング

骨盤の運動になる歩き方をご紹介しています。
「良く分からない」という方は、とりあえず、動画を参考に歩幅を広くリズミカルに歩いてみてください。

正しい歩き方

スローバージョン

 
歩幅を広くリズミカルに

 足を踏み出したとき、骨盤を30°捻ると理想的(例えば、右脚を出したときは左に30°捻る)。
 歩幅を広くリズミカルに歩きます。
 腹筋・背筋・腰の筋肉も使いますので、全身運動になります。特に骨盤の仙腸関節のエクササイズになります。
 しばらく歩くと気持ち良くなってくると思います。

 骨格的にも、骨盤に対して、足は外に30°捻れていますので、足を踏み出したとき、骨盤を30°捻ると、足が真直ぐ前を向くようになっています。理にかなった歩き方です。

 O脚、X脚、外股、内股などの方は、骨盤に歪みがあるため「骨盤を30°捻る」というのは、当てはまらないかもしれません。足を踏み出した時、膝と足先が真っ直ぐ前を向くように意識してください。

関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.