高津整体院ホーム > 適応症・症例など > 骨盤の歪みから生理痛(月経痛)・生理不順・不妊症

骨盤の歪みから生理痛(月経痛)・生理不順・不妊症

このページでは整体師の目線からみた、生理痛(月経痛)・生理不順と骨盤の歪みの関係について解説しています。


骨盤の歪み方によっては、骨盤内が狭くなります。

 生理にかけて子宮が膨張していきますが、骨盤内が狭くなると、そのスペースが確保できません。そのため、生理前は子宮全体が圧迫されることになります。

 生理にかけて日に日に子宮が膨張し徐々に圧迫が強くなり痛みが強くなります。
 生理が始まり子宮内膜がはがれ経血が排出されると、徐々に圧迫が緩くなり、ようやく痛みが治まります。



骨盤内が圧迫されることで、血流が悪くなると、

 「プロスタグランジン」という物質(生理中に分泌される)が滞ってしまって痛みが強くなったり、経血がスムーズに流れないことによる痛みが出たりします。
※プロスタグランジンは、子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれるときの出血を体外に出す働きをします。これが過剰になると、子宮の収縮が過剰になり痛みの原因になります。また、痛みを強める作用もあります。

また、生理不順や不妊症の原因に

 排卵など生理をコントロールしているホルモンは、頭の中にある「視床下部」や「下垂体」から分泌され血流に乗って身体中を流れます。卵巣は、このホルモンが十分量届くことで刺激され反応します。また、子宮に向けて別のホルモンを分泌したりします。(ホルモンの詳細は省略します)
 ホルモンの量がある程度ないと卵巣や子宮に限らず身体は反応しません。
 したがって、血流が悪いとホルモン量が不十分になり反応が遅れたり、反応しなかったりします。

関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.