高津整体院ホーム > 適応症・症例など > 常に首〜肩が痛い/猫背からくる首肩の痛み

常に首〜肩が痛い/猫背からくる首肩の痛み

「寝ると楽になるが日中活動していると、首から肩にかけて常に張ったような痛みがある。」という症状で、
横から見たとき、頭が肩より前にあり、ややおじぎしたような姿勢になっている場合、猫背からくる筋肉疲労の痛みの可能性があります。
ねじれ方や程度によっては、腕に痛みやしびれが出ることもあります。


慢性的な筋肉疲労

背中の上の方が丸く(猫背)なると、立ったり座ったりしている時は、首が身体の中心より前に出てしまい、頭を支えるために首の後ろの筋肉が張ってきます。


意識して体を伸ばしたとき猫背の部位が伸びて真直ぐになればいいのですが、伸ばすことができないと、常に首が身体の中心より前にあるため、首の後ろの筋肉が常に張っている状態になり、慢性的に筋肉が疲労し痛みが出ます。


このような方は、うつ伏せで背中を押すと明らかにガチガチで脊柱の弾力がなくなっているのがすぐわかります。
施術は胸椎を中心に脊柱の弾力を取り戻すのを第一に考え矯正していきます。
ほとんどの場合、首(頚椎)の関節も硬くなっいるので、最初は頚椎も矯正します。背中の猫背の部位が伸びるようになってくると、症状が改善されてきます。


ここでいう筋肉疲労の痛みとは、例えば、立って腕を横に挙げずっとこの状態を保ったとき、肩のあたりが段々痛くなり腕を挙げていられなくなります。このような痛みのことです。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.