高津整体院ホーム > 適応症・症例など > 骨盤や膝関節の捻れからくる膝の痛み・腫れ

骨盤や膝関節の捻れからくる膝の痛み・腫れ

このページでは、
骨盤の歪みや、膝関節の捻れが膝の痛みとどう関係しているのか、これまでの施術経験をもとに考察しています。


『歩くと膝が痛い』
『正座ができない』
『膝を触ると痛い』
『座っていて立ち上がるとき膝が痛い』
『ジョギングの走り始めと終わった後、膝が重い』
『膝に水が溜まる』など、
色々診させて頂きました。
ほとんどの人は、骨盤の歪みや、膝関節の捻れなどを調整することで改善しています。


骨盤が歪むと膝に痛み?

骨盤から膝下の脛骨に、筋肉が付いています。
骨盤が歪んだ状態でこの筋肉が収縮した時、膝回りの靭帯や腱といった組織には通常と違う方向に力がかかります。
継続して無理が掛かることで重くなったり、痛みがでたりします。
『歩くと痛い』『ジョギングすると膝が重くなる』といった、緩やかな出方の痛みです。
筋肉が張ってくると、膝関節の関節液の排出が悪くなり、その結果、腫れたり『膝に水が溜まる』ことも考えられます。
張っている組織を触ると痛み(圧痛)がでます。

腰・骨盤からくる膝の痛み


大腿の筋肉(ネッター解剖学図譜より)
大腿の筋肉

大腿の筋肉と靭帯


膝関節の捻れからくる痛み

膝関節の捻れからくる痛みは、膝の曲げ伸ばしの際や、何かの拍子に体重の掛かり具合で、ズキンという急激な出方をすることが多いようです。


膝関節は、
外側側副靭帯・内側側副靭帯・前十字靭帯・後十字靭帯・膝横靭帯・半月膝蓋靭帯・腸脛靭帯などの靭帯、
大腿四頭筋・ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)・薄筋・縫工筋・腓腹筋・足底筋・膝窩筋などの筋肉、
内側半月・外側半月といった軟骨や関節液を満たした関節包などの組織により構成されています。

 それぞれの組織は複雑に連携して働きます。

 たとえば、膝を曲げるとき、内側半月はそれに付着している半膜様筋の腱・前十字靭帯に引っ張られ後ろにスベリます。膝を伸ばすときは、半月は半月膝蓋靭帯によって前方に引っ張られます。この半月膝蓋靭帯は膝蓋骨が前方に移動することで伸張されます。といった具合に。・・・実際のメカニズムはっと複雑です。

膝の痛み・図

 これらの組織が一つでも機能しなくなると膝関節を曲げる伸ばすといった単純な動作がスムーズにできなくなります。

 膝関節がズレた状態で体重がかかると、一部の組織に無理がかかりズキンと痛みが出ます。また、半月が前方にズレ(引っ張られ)ていると、その部分が弾力のある出っ張りとして触診できます。関節に無理がかかっていると、関節包に関節液が過剰に分泌され腫れてくることもあります。(いわゆる水が溜まる状態)

 膝がズレる原因としては、大腿の前か後の筋肉の使い過ぎ(筋肉の張り)、膝を捻った姿勢をとっていた、歩き方で膝に無理がかかっていた、など。ももの筋肉は骨盤に付着していますから骨盤の歪みからくることもあります。通常、膝がズレている場合、骨盤もズレています。


施術は、

膝の動きをスムーズにすることを目的に、骨盤や脊柱の矯正、必要に応じて膝関節や足関節の矯正、膝周辺の組織や筋肉の過緊張を取る施術を行います。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.