高津整体院ホームカイロプラクティック/頭蓋骨矯正 > 施術の進め方の例/原因不明の脛の痛み

施術の進め方の例/原因不明の脛の痛み

当院で経験のない症状の場合、施術は反応を見ながら進めていきます。
以下は施術の進め方の例です。

症状

症状は、立位や歩行中に、右膝下外側(スネの外側の筋肉/前脛骨筋のあたり)に棒が一本入ったような感じの痛みとシビレが出て、痛みのため歩けなくなる。右足がもつれる。買い物カートに身体をあずけて歩くと痛くない、元々腰痛があったが今はない。ということでした。

整形外科では、『脊柱管狭窄症』、『腰椎5番のすべり症、不安定症』、『原因が分からないので治らない』などと診断されていました。治療はせず、痛み止めを服用していました。

当院にご来院されたのは、右膝下外側の痛みが出始めて5ヶ月くらい経過してからです。痛みが出たキッカケは「体重が5kgくらい増えたから?」「激しい運動をしたから?」などハッキリしないとのこと。


施術と経過

初回、右膝下外側の痛みの部位の神経(腓骨神経)は、骨盤と背骨の付け根(腰椎5番と仙骨の間)から出て骨盤の中を通りお尻から坐骨神経として出てきます。初回の施術では、全体的に歪みがあり骨盤と背骨の付け根にも歪みがあったため、この部位での神経圧迫を疑い骨盤と腰椎を中心に矯正しました。

2回目のご来院時には、痛みは30%くらいの強さに軽減されていました。
この時点では、腰椎5番と仙骨の間で神経を圧迫しているのが原因の可能性が高いと考えます。施術は、仙腸関節と腰椎を中心に胸椎も矯正しました。

3回目、痛みの範囲が狭くなっていましたが痛みは強くなっていました。
神経圧迫が緩くなって痛みが強くなるということは考えられませんので、別の部位での問題を探します。施術は、仙腸関節と腰椎が中心ですが他に胸椎と右膝関節を矯正、初日の検査で右膝が真直ぐ伸びないのは分かっていたのですが、曲げ伸ばししても痛みに変化がないので矯正はしていませんでした。

4回目、右膝下外側の痛みがジワーとした痛みに変わった。
前回矯正した右膝が関係していそうです。施術は、仙腸関節と胸椎2番と8〜9番と右8〜10肋椎関節を矯正しました。腰椎に歪みはありませんでした。

5回目、右膝下外側の痛みがストレッチされるような気持ちいい痛みに変わった。
状態は良くなってきていますので、今まで矯正した部位が関係していると考えます。施術は、前回までに矯正した部位で歪みが戻っている部位を中心に矯正します。仙腸関節と胸椎11番と頸椎3番と右膝関節を矯正しました。

6回目、外出しなければさほど痛くない。
施術は、やはり前回までに矯正した部位で歪みが戻っている部位を中心に矯正します。仙腸関節と胸椎10番を矯正。膝まわりの検査で、右腓骨を内旋する(内側に捻る)と痛みが消えるのを見つけました。腓骨が外旋する(外側に捻れる)ことで神経(腓骨神経)が牽引されているようです。右膝関節の可動制限に隠れて今まで分かりませんでした。

以降、週1回のペースで施術を続け、途中、痛みが強くなったり弱くなったり波がありましたが、初回から半年かかって日常気にならない程度まで回復しました。


結局のところ、一番の原因は右の腓骨が捻れて腓骨神経が牽引か圧迫されることによる神経痛だったようです。身体の一部が歪むと他の部位も歪んできます。腓骨が捻れて骨盤や背骨が歪んだり、骨盤が歪んで腓骨が捻れたということも考えられます。最初にどこが悪くなったのかは分かりませんが、早めに施術すればこんなに時間はかからなかったと思います。

原因不明で何をやっても治らない、という人は色々やったが故に歪みがこじれてしまっていることもあります。


関連ページ
メールQ&Aサイトマップ
高津/溝の口のカイロプラクティック 高津整体院
神奈川県川崎市高津区二子4-8-5
高津駅・徒歩3分 溝の口駅・徒歩10分
Copyright (C) 2000 KatsumiHanyu. All rights reserved.